価値のある住宅を地盤・基礎・構造の最適化で実現するeLbase(エルベス)プロジェクト始動

今、改めて強くて安心・価値のある住まいが
求められています。

真に豊かな家づくりを支える
製造システムを開発する『ピトン株式会社』は、
これからの時代に、
より良い家づくりを共創するプラットフォーム
『eLbase Project(エルベス・プロジェクト)』を
発足しました。

このプロジェクトで実現するのは、
耐震等級3の家づくりです。

これまで別々に機能していた〈地盤・基礎・構造〉を
独自のITシステム「eLラボ」を駆使して
ひとつに繋げ、
省施工で一体打ちを実現する新工法
「eL基礎」を導入することで、
低コストでの耐震等級3を実現します。
eLプロジェクト全体図

※eLラボは2020年12月リリース予定です

〈地盤・基礎・構造〉をひとつに“つなげる”
ITシステム「eLラボ」
省施工で一体打ちを実現する
“つなげる”だけの新工法「eL基礎」
プロジェクト成功に向けて、
私たちはさらなる開発と実証を進めています。

しかし、
このプロジェクトに最も必要なもの、
それは、建築現場の皆様のご協力です。

そこで、今回の発足にあたり、このプロジェクトを共に創り上げていただける住宅会社・工務店様を
30社限定で募集いたします。

私たちと皆様を“つなげる”ことで、
価値のある家づくりを。
そして、建築業のより良い未来へ“つなげる”
『eLbase Project』に、ぜひご参加ください。
つなげる、エルベス。

30社限定
第1期 参加企業募集中

『eLbase Project』を共に創り上げていただける住宅会社・工務店様を募集しております。
まずは、下記の「お問い合わせはこちら」からご連絡ください。

募集地域:関東甲信越、東北、静岡

工法:在来軸組工法

費用:月額会費制 10,000円〜

※月額会費は棟数規模によって変動します。
 詳しくはお問い合わせください。
※eLラボ・eL基礎等の導入は別途費用が発生いたします。

参加メリット

  1. 基礎、地盤、構造の最適化による、コストダウンの実現
  2. 専用システム(eLラボ)による、業務効率化の実現
  3. 他社事例の共有・交流
べた基礎・布基礎に次ぐ

第3の基礎

eL基礎

省施工で一体打ちを実現する特許出願中の新技術
eL基礎のご紹介

eL基礎はこんなお悩みを
解決します!

耐震等級3を標準にすると、基礎のコストが上がってしまう
施工方法のバラツキがあり、工事監理が大変
基礎工事の工期が長く、全体工程が長くなってしまう
地盤や構造に合わせた適正な基礎か、ブラックボックス化されており判断できない
基礎工事業者が減っており、将来的にはリスクを感じている

べた基礎神話を変える
eL基礎で布基礎も
選択肢へ

地耐力や間取りを考慮すると、布基礎が最適なケースがあります。
布基礎や一体打ちのデメリットである施工性を解消する為に、「eL基礎」ではべた基礎同様の「L型フーチング」と「EPS型枠」を採用しました。
これにより、最適な工法を選択出来る様になり、設計の自由度が増加します。

eL基礎の違い

クリックすると、画像全体をご覧いただけます

基礎単独では効果が図りにくい為、『eLbase Project』会員限定で「eL基礎」を販売いたします。
商流に関しては、ピトン株式会社にて、型枠・鉄筋の設計を行い、必要な副資材をアッセンブルした上で、工務店に直接販売いたします。また、「べた基礎」でも使えるように、EPS型枠「eL型枠」やユニット鉄筋「eL鉄筋」の単品販売も対応いたします。

eLシリーズの製品構成はこちら

独自の配筋方法によるユニット鉄筋
eL鉄筋

工場でユニット化された鉄筋。独自の設計による配筋方法を採用した製品です。

eL鉄筋写真
最適にプレカットされたEPS型枠
eL型枠

最適化された設計によりプレカットされたEPS型枠。断熱効果と防蟻10年保証を兼ね備える革新的な製品です。

eL型枠写真

特許出願中の新工法で
省施工・低コストを実現

eL基礎は、あらかじめユニット化された〈eL鉄筋〉と、プレカットされた〈eL型枠〉を組み合わせるだけ。 施工の手間を軽減し、資材も減らすことで省施工・低コストでありながら、耐震等級3を実現します。

eLシリーズ製品単品導入


べた基礎には
単品を使用した施工が可能

基礎内側の断熱貼りを、eL型枠に置き換えが可能。べた基礎でも施工手間軽減、コスト削減を実現します。

べた基礎導入イメージ

全てを最適化した「eL基礎」の導入


布基礎をベースに
省施工・低コストで
耐震等級3を実現

一体打ちが可能。スパンも飛ばしても配筋量は増えず、省施工・低コストながら耐震等級3を実現します。

eL基礎施工中写真
eL鉄筋写真

工場でユニット化された鉄筋。配筋方法はオリジナル

Cチャンネル写真

市販のCチャンネルにEPS型枠を固定(加工+形状で特許)

EPS型枠を差し込んでいる写真

Cチャンネルに、4面加工されたEPS型枠を差し込むだけ

セパレーター写真

鋼製型枠用のセパレーターを使用。安価かつ慣れた材料で施工可能

施工法による違いと概算

クリックすると、画像全体をご覧いただけます

導入実例


eL基礎は、すでに多くの建築現場で
導入されています。
こちらでは、新潟県上越市M邸の導入実例と、施工を行ったアスカ創建様の声をご紹介いたします。

お客様の声


耐震等級3と生涯快適な住まいを
コスト上げずに実現

当社は、雪国の冬も暖かく、夏は涼しい快適を極めた高性能な住まいで、「生涯快適」をお約束しております。

ただ、自然災害が年々増える中で、安心・安全もお約束する為に耐震等級3の住まいを全棟採用することが工務店の責務だと感じていました。当社はその流れに先駆け、 コストを抑えながら、耐震等級3の構造を実現する為に、基礎の見直しを行いました。

従来は「べた基礎」を採用していましたが、M邸では工期短縮とトータルコストが削減できる「布基礎」ベースの『eL基礎』を採用致しました。省施工で現場の負担を減らしつつ、耐力壁の配置を工夫し、基礎立ち上がりを減らした為、美しい基礎が出来ました。

布基礎といっても一体打ちで断熱機能も付いているので、工期やトータルコスト削減と共に、品質向上も出来る事を実感しました。

式会社アスカ創建 代表取締役 布施勝彦

株式会社アスカ創建 代表取締役 布施 勝彦 様

工務店名:株式会社アスカ創建(クーディーホーム)
https://cudiehome.jp

物件名:M邸新築工事

現場住所:新潟県上越市

今回のeL基礎導入における主要工程

9/6(日)
鉄筋組立
9/7 (月)
配筋検査
9/8 (火)
型枠組立
9/9 (水)
生コン打設(一体打ち)

より詳しい施工例やその他事例はお問い合わせください。
また、無料相談会でもご質問を受け付けております。

メディア掲載情報


eLbaseは、様々なメディアからも注目されています。
こちらでは、実際に掲載されたメディアをご紹介しております。

30社限定
第1期 参加企業募集中

『eLbase Project』を共に創り上げていただける住宅会社・工務店様を募集しております。
まずは、下記の「お問い合わせはこちら」からご連絡ください。

募集地域:関東甲信越、東北、静岡

工法:在来軸組工法

費用:月額会費制 10,000円〜

※月額会費は棟数規模によって変動します。
 詳しくはお問い合わせください。
※eLラボ・eL基礎等の導入は別途費用が発生いたします。

参加メリット

  1. 基礎、地盤、構造の最適化による、コストダウンの実現
  2. 専用システム(eLラボ)による、業務効率化の実現
  3. 他社事例の共有・交流

無料相談会実施中

eLbase Projectでは、
ただいま無料相談会を実施中です。
プロジェクトや製品に関するご質問、導入事例の詳しいご紹介、その他建築などに関するご相談等、お気軽にご予約ください。